心理カウンセラーになりたいなら専門学校に通おう

婦人

臨床心理士試験とは

女の人

過去問を繰り返し解く

学校や職場で仕事や人間関係などのストレスによって、心にトラブルを持つ人が増加傾向です。それに伴って、心理カウンセラーが活躍する機会が増えています。心理カウンセラーとは、不登校や引きこもり、摂食障害など心のトラブルを抱える人たちに対して、心理面からサポートする職業です。病院やクリニックに行くまでひどくはないけど、心のよりどころを求めている人達に頼りにされる仕事なのです。心理カウンセラーが活躍できる場所はたくさんあり、勤務するところによって肩書きが違います。また心理カウンセラーには色々な資格があります。資格がなくても心理系の知識を持っていれば心理カウンセラーとして働けますが、職場によっては有資格者が採用条件になっているところがあります。ここではメジャーな資格である臨床心理士について取り上げます。臨床心理士の資格を取るためには、指定された大学院を修了してから試験に合格しなければなりません。現在のところ臨床心理士は民間資格ですが、将来は国家資格になる可能性があります。臨床心理士の試験は筆記試験(一次試験)と面接試験(二次試験)があります。筆記試験にはマークシート式試験と論文形式の記述試験があります。このように臨床心理士試験に合格するためには、知識・論文・面接対策をしなければなりません。但し試験の合格率は、例年60%前後と決して難しいわけではありません。試験対策としては、過去問を何回も繰り返し解くことが重要です。そして分からない問題があれば、参考資料などで調べていきましょう。この作業を地道に続けることで合格が近づきます。