心理カウンセラーになりたいなら専門学校に通おう

鉛筆
カウンセリング

やりがいとは何か

心理カウンセラーのやりがいは、なんといっても相談者がカウンセリングを受けて救われた顔を見せた時が、一番「やっててよかった」と思える瞬間です。心理カウンセラーを目指す人は人の役に立ちたいと思う人が多いのです。

女の人

臨床心理士試験とは

学校や職場などで心にトラブルを抱える人が増えていることから、心理カウンセラーが活躍する場所が広がっています。心理系の資格は数多くありますが、臨床心理士は代表的存在です。但し受験資格は指定された大学院を修了することです。また試験に合格するためには、過去問を繰り返し解くと良いです。

カウンセリング

多岐に亘る活躍が可能です

精神テキストsレスを受けやすい現代社会で、メンタルケアを実施する心理カウンセラーの活躍できる環境は多岐に亘ります。医療従事者として就職することは勿論、労働環境の改善や就職支援で必要性が高くなっています。ボランティア活動にも役立ちます。

心の重荷を軽減させて

勉強

話を聞いてあげることで

企業には産業カウンセラー、学校にはスクールカウンセラーと、心理カウンセラーの活躍の場が全体的に増加傾向にあるあります。心理カウンセラーはストレスなどの心の負担を軽減させるためのサポーターとして大切な存在です。そのため、社会的に見ても求められる傾向が高まっています。もっともそんな心理カウンセラーですが、たとえ知識や技術、資格があったとしても、やはり他人に寄り添える素質がないと他人をサポートすることが出来ません。そのためにいくら相手のためとは言っても命令的だったり否定的、指図するような方法のカウンセリングでは、相手が相談しにくくなって最悪の場合は逆効果にもなりかねません。それゆえに心理カウンセラーに向いている人の条件としては、基本的に他人の話に耳を傾けることができる聞き上手な人が最適とされています。ただし聞き上手といっても、たんに話を聞いているだけでは意味がなく、相手の話す内容に共感を示し、理解することが重要です。そういった意味ではカウンセリングメインだとしてもカウンセラーが無口でも問題ないでしょう。あくまで話を聞くことで相手に寄り添い、相手が自ら問題の回答を導き、前向きに物事を考えられるようにサポートすることが仕事のメインとなります。ちなみに共感度が高いことはとても良いのですが、相手の話に共感しすぎてのめり込みすぎることも問題があるため、あくまで適度に相手との距離を保ち、冷静に物事を判断できることも求められます。